私事ですが、昨日交通事故をおこしそうになりました。
その原因を見ていくと、僕が遅い車に対して苛立っていたこと。
その苛立ちで自分本位にしか物事を考えなかったこと。

 

結果として他人の車に迷惑をかけたこと。
ぶつからなかったのですが、間違っていれば交通事故でした。
僕自身の「我」しか考えない言動、態度がこんな結果をもたらしたのだな。
ということに気付かされて、反省しておりました。

で、言葉に対して何度もタイピングの誤字脱字、内間違いをするたびに

「いやー、ちょっと、もう」といった言葉が出てくるのですが、
これらを言わないようにすること。その代り、記事を書くこと一つに
「面白いねえ、楽しいねえ」と思いながら書いていくこと。

 

言葉は感情を誘い、そして、感情は行動を促します。
だからこそ、言葉一つで自分の心理が丸わかりです。
これに気付いたとき、言葉一つがこんな風になるなんて恐ろしいと思いました。

 

で、これは同時に肌にも応用できないだろうかと考えました。
すなわち、まずは言葉で宣言するのです。自分の肌に触れたとき、
普通ならショックを受けるのですが、そうではなく、

「いい肌だ、ありがとう」「健康でありがとう」

 

といったように、肌に対して気遣いを行っていく。
僕自身、今首がものすごくかゆい状態なので、試してみました。

すると、かゆみを誘うような痛みが地割を押し寄せてきましたが、
だからといってガリガリかくかと言ったらそうではありません。

どちらにしろ、普段の独り言がこんな形で事故を起こす可能性がある。
ということだけを認識して、自分を改めていくといいかなと考えました。

 

ぜひ、言葉に気を遣い、今日も楽しくお過ごしください。