タイトルは実を言うと肌の話というよりは心の話です。
どういうことかというと、仕事ありますね。
仕事をするとき、誰のためにするのかを考えること。

 

すなわち、自分のためにするなら自分の給料だけを考えていけばいいのです。
しかし、自分以外の人のためを考える場合、どうしても自分以外の視点を持つ必要があります。

一番多いのは相手のためでしょう。
相手、自分の好きな人のためでしょう。

 

で、ここでちょっと視野を広げてみましょう。
例えば職場にいるなら職場全員のためと考えてみましょう。
そうすると、職場の顔として自分自身がいる。じゃあそのために何をすべきか。

顔をどうしていくかというのが少しばかり浮かんでくるでしょう。
自分の顔一つで職場に仕事が回ってくるんだと。

 

もちろん、こんな考えは持ってもいいし持たなくてもいいです。
ただ、職場のために、●●街一丁目のために……と勝手にどこかの代表として
自分の顔を考えていくと、ちょっと不機嫌な態度はとることが難しくなります。

 

どうでしょう?
僕自身も自分の顔は別に塩水とそこらの化粧水程度でいいや。
と考えている時は自分のことしか考えていません。

 

でも、今日はパーティーがある。
そこでみんなと笑い話するためにおめかししよう。
と考える場合、それは私だけのために美を考えているわけではありません。

ちょっと視野を広げると、それだけおめかしにも頭を使うようになります。
この考え方いいなあと思ったらぜひ取り入れてみるといいでしょう。