マナラホットクレンジングゲルを使ってみたい。
と感じたら今すぐ使ってみるといいでしょう。
と、そんな簡単に終わる話でなく実は僕、誤解していたことがあります。

それはクレンジングも洗顔もメイク落としもすべて一括りにして考えていたことです。
あなたはどうでしょうか?

名称が少し違うと何か意味も違うのかなと疑ってしまいます。
ということで僕と一緒に改めて違いを学んでいきましょう。

まず、クレンジングは英語でcleansingと書きます。
辞書に倣うと意味は化粧落としが一つ、そして浄化が一つ。
ということで、改めて定義してみると、スッキリしますね。
なので、クレンジングとメイク落としは一緒の意味でつかわれます。

しかし洗顔は顔を洗うことです。
洗顔フォームというのが出ていますが、それでメイクが落ちるか。
と言ったら成分が違うのであまり落ちません。

メイク落としには皮脂の他、化粧品の油分や皮脂と混じった化粧品に馴染む成分が含まれます。
一方、普通の洗顔料には皮脂汚れを落とす成分が主に含まれています

で、メイク落としは基本、化粧をしている時のみ使います。
なのでマナラホットクレンジングゲルも基本、化粧をしている時のみ使います。
それ以外の時に使う人も中にはいるようです。

何しろただの化粧落としでなく、肌を保湿してくれる成分がある。
そこらのメイク落としなら使った後、肌のツッパリを感じるけれど、
マナラホットクレンジングゲルはそこまで感じない。

むしろのびのびしているから使いたくなってしまうとのこと。
でも公式でも化粧していない時は使わないでくれと述べています。
また、肌に必要な皮脂も取り去ってしまう恐れがあるためそれも含め、
化粧しない時はなるべく使わないほうがいいでしょう。

 

さらに化粧しない時、洗顔もなるべくやらないほうがいいでしょう。
特に洗顔フォームで顔を洗ってしまうと、皮膚につく常在菌が落ちます。
常在菌は皮膚を色々な病気から守ってくれるいい奴らです。

それが落ちるとすっかすかになり、結果として乾燥肌などを生じてしまいます。
なので、洗顔でなくただ温かいタオルで顔を優しくふく程度でいいでしょう。

 

 

ということで、メイク落としじゃなく洗顔目的でマナラホットクレンジングゲル使いたいな。
と思ったらそれはやめておきましょう

で、鼻の黒ずんだものを落としつつ、洗顔後の突っ張った肌から生じる痛さ。
これを体験したくないと考えているならずは検討してみるといいでしょう。