真夏になると肌荒れになる人も多くなります。
冬は乾燥肌、いや、空気が乾燥することから肌荒れが起きます。
しかし真夏は汗です。汗を通して肌が悪くなっていく

 

汗には色々なものが含まれます。
その中にはもちろん、ばいきんも含まれているわけです。
で、汗を通してそのばいきんが皮膚にしみこみ、かゆみを伴う。
結果としてかいてしまうとさらにひどくなるのですが、
かかないでいると辛くなります。

 

 

そこでオージュンヌを使ってみる。
ちなみにオージュンヌ以外にもやって欲しいことがあります。
それは寝る前あたりにシャワーを浴びてほしいのです。

というのも汗をきちんと洗うには水の力が必要になります。
よって、シャワーを浴びて肌を清潔にすること。
仮にあせもでかいた手は必ず洗うこと。

 

ここがまず絶対に必要となります。
その上でオージュンヌを塗ってみる。
基本、オージュンヌは水が主成分なので、つけたときはさっぱりしすぎる。
だからそれが保湿されているかどうか気になるでしょう。

 

でもつけていくたびに内側から肌の保湿が保たれていくようになります。
なので、つけると効果は出ますが、それでも一番はまず洗うこと。
体を洗うことに主眼を置きましょう。

汗も予防は汗をそのまま放置させないことが一番です。
ということで、それでも汗もによって肌が敏感になり、
傷つけた部分に化粧水やクリームを塗ると体が反応する。

 

そしてきつい状態ならオージュンヌを塗って、
肌ケアをしていくといいでしょう。