僕は男です。
そして1か月に一度程度ですが、手淫を何度もしたくなる日があります。
自分でもよくわからないのですが、夜の11時あたりにAV鑑賞やH漫画などを読む。
そうするとある部分だけに集中して妄想が止まらなくなり、
精子を何度も出してしまうことがあります。最高記録で5回です。

ちなみにその時、幽霊に乗り移られたのではないか。
そんな感じになるのですが、だからといってセックスしよう。
というのはまた別問題なのです。
オナニーとセックスの気持ちよさは全くといっていいほど違います。

オナニーマスター

オナニーことマスターベーションの世界チャンピオンである佐藤雅信さん。
何度オナニーをやっているのかわかりませんが、
僕自身の手淫体験を元に気が付くことがあります。

女性はわかりませんが男性なら気づく人は多いと思うのですが
オナニーは確実に肌荒れの原因になります。
もちろん、やりすぎると、肌荒れと虚弱体質の原因につながります。

なんというか体が弱っていくのです。
手淫は意外と体力を使う行為なのかなと思いました。
今なんてネットでえっちい言葉で検索をかけるとありとあらゆる情報が入ります。

だからこそ、手淫し放題なのですが
同時に体力のことを考えないでやってしまうと最悪、
死ぬことだってあり得るわけです。

実際に手淫は体力を使いますし。
だからこそ、そんな自分を創らないために何をするかというと、
普段から体力をつけて、体力を自ら落とさないように誘惑に負けないこと。

誘惑に負けない自分を作る必要があります。
あるいは手淫さえしなければいいので、勃起だけならまだ体力は減りません。
まあ、それは男だけの話になってしまい、
正直女性はそこらはわからなくていいと思います。

で、誘惑に負けないためには常に体力つくりをすること。
そうすると自分で今まで培ってきたものをぶち壊すのか。
という、自分自身に歯止めをかけるようになります。
最もそれを振り切ってしまうと、手淫地獄に落ちてしまいます。

ということで体力、得に滋養強壮をつけて自分の体力を落とさない。
と感じているなら黒にんにく高麗人参を飲むといいでしょう。
詳しいことはこちらで語ります。

ただし、手淫は本当に夜11時あたりからやってしまうと、
性欲のお化けに乗り移られたような感覚になり、
手淫がやめられなくなる恐れがあるので注意してください。