mikan

 

ほうれい線顔のマッサージが有効ですけれど、
当然ですが、マッサージだけでは足りません。
クリームによる外側からのほうれい線に対するアプローチ。

 

そして食事を通した内側からのアプローチが必要になります。

 

といってもどんな食べ物がいいのでしょうか。
まず、ほうれい線を促進させるのが過剰な甘いものの摂取です。
砂糖がふんだんに使われた食べ物ですね。

 

僕は甘いものがかなり大好きでなので
気を付けなければなりません(汗
特にお勧めはチョコレート。

 

とはいえ、砂糖を取らないとイライラの元にあるから
適度にとりましょうということです。

 

さて、ほうれい線に効く食べ物を要らべた処、
コラーゲンとビタミンCを摂取していけばいい
ということになります。

 

コラーゲンを含んだ食べ物

・鶏肉全般(皮、すじ、軟骨など)
・牛すじ
・豚足
・うなぎ
・鮭の皮
・鯛
・フカヒレ
・サザエなどの貝類

 

まとめると、肉と魚にはコラーゲンが含まれている
と考えたほうがいいですね。

 

ビタミンCを含んだ食べ物

・レモン
・柚子
・みかん
・キウイ
・イチゴ
・アセロラ
・じゃがいも
・サツマイモ
・ブロッコリー

かんきつ類はまず入っていると思ったほうがいいですね。

 

どちらも食事の栄養バランスを考えたうえでとってください。
自炊するときもレストランに足を運ぶときも
一応これらを考慮すると、ほっとするのではないでしょうか?

 

 

なお、コラーゲンは肉類が多いですが、
きちんと野菜もとって、中和することを忘れないように。
コラーゲンがあるからといって、コラーゲンばかり意識して
野菜取らないこともありますよね。

 

だから、総合的なバランスを考えたうえで、自炊したり
レストランでオーダーしたりしてくださいね。

 

しかし、現代はいい時代ですね。
こういった、jコラーゲンやビタミンを簡単に摂取できる
時代になったのですから。

いや、この記事を書いていると同時に僕、
日本史を勉強しているんですよ。

 

そしたら日本史でも色々と流通がありまして
その流通を当たり前のように見ていたのですが
でもこれって、当時は色々大変な道を歩いて

コラーゲンやビタミンを
とるのにも大変な時代というのが
あったんだよなということを改めて認識した時、

 

市場にあたりまえのように置かれている商品に
本当感謝したくなりました。