輝肌マスクは乾燥肌対策をメインに扱い、
化粧水を肌の奥まで浸透させて、毎日使い続ける
最低でも年齢+10日行うことにより、化粧水が肌奥にまで浸みこみ、
それが肌の乾燥を防ぎ、肌に栄養を与えるということです。

ところで、輝肌マスクはそこらのマスクとして認識されているようですが
実際に使ってみると、こういったところが違ったとのこと。
どこかといいますと、手のひらに化粧水をチョンと乗せて
ピタピタして済ますなら輝肌マスクはいいということです。

 

特別な気持ちで使うというよりは手でペタペタするよりも
しみこむ化粧水を通して肌の浸透圧調整から、
結果として肌細胞の代謝を促進する。

難しいことを言っていますが、
要は風呂に入ると肌がふやけますよね。
そうすることで肌の細胞が入れ替える。

そしてきれいだなあと風呂に入る前より
入った後の肌が感じると思うのですが、いかがでしょう。
試しに風呂に入るときに肌を比べてみるといいでしょう。

ちなみに輝肌マスクを化粧水につけるのと
手に化粧水をつけるのとではどういった違いがあるのか。
ということでさらに調べてみますと、

手で塗る化粧水はむらがある。
すなわち、深く塗っているところと全く縫っていないところ。
この両方が分かれているということです。

深く塗っているつもりになっているのが
手で塗る化粧水で、マスクはマスク全体に浸透させるので
化粧水が肌奥深くまで広がるということ。

とはいえ、化粧水自体が輝肌マスクにすでについているので、
化粧水を買う必要貼りません。
取りやすいように点線に沿って開くだけ。

お菓子でいうところのパックンチョを意識してもらえると
いいかなと思います。あるいはたけのこの里かきのこの山。

それで薄くてべたりと浸透する。
その後に肌に触れてみるとすべすべになる。
特に風呂上りは乾燥するので、風呂上りから3分くらいたってから
輝肌マスクをつけると、顔乾燥に悩まされずに済みます。

ということで肌の奥深くまで浸みこみ、
肌に触れることが悦びになるマスク、使ってみてください。

 

>> 乾燥肌の救世主現る!≪輝肌マスク≫