今日は僕の肌分析です。
肌分析というか、やはりかゆいところに対してすぐ薬をつけるのと
放置するのとでは明らかに差がでてきました。

まずかゆいところに対してすぐ薬をつける。
そうすると数時間後にまたむずむずしてかゆくなります。
一方かゆくて本当はひどい肌状態にもかかわらず、
それをあえて放置すると、だんだんと皮膚がいい状態に戻ってきます。

ここから言えることはやはり1日に1回だけ薬をつけたら、
あるいは化粧水などをつけたらかゆくて手を付けてしまっても放置すること。
放置することによって肌が自分自身で生まれ変わろうとします。

ちなみに僕自身、かいた肌であちこちさわってまたかゆくなる。
という単純な事実に気が付いてからは手を洗うようにしています。
するとかゆみも引っ込んでくるのでお勧めです。

 

水洗いしよう

もうひとつお勧めなのがかいた後、水洗いすることです。
水洗いするだけで、汚れが落ちていきます。
実際、僕は足のかゆみが出た後、水洗いしてみました。
すると、ただの水から足を洗った後は黄ばんだ色が出てきました。

水洗いした部分はかゆくなくなっています。
すなわち、水洗いしてみるのも一つの手です。
その後に化粧水を塗るなら塗る、つけないならつけない。

でもつけないほうが肌としては自力で立ち上がろうとするので
肌を強くするならつけないほうがいいでしょう。
つけるなら薄くぬるといいでしょう。

一番いけないのはかいたり傷つけたりした部分をそのまま放置すること。
必ず水洗いをして一旦毒素を洗い落とす。
その上で薬をつけるなりつけないナリするといいでしょう。

ちなみに薬を付けない場合は服で皮膚を保護するといいでしょう。
なお、化粧水などはなるべくつけても皮膚に反応しないもの。
こちらを参考にするといいでしょう。