化粧水や乳液、化粧品を毎日使っている。
するとある日、簡単なことに気が付きました。
これをやると効果が出るか出ないかは正直わかりません。
でないことだってあるでしょう。

しかし確実に一つだけ変わるところがあります。
それは身近な人やもの、そして他人への接し方です。
それが何をもたらすのかというと、
仕事なら売上アップの要因を一つ増やします。

いいかえると信頼されやすいということですね。
他にも自分の心や生活に多少の変化は出てくるでしょう。
多少とはいえ、1年後に振り替えると大きな変化となっているはず。

それは何か。
ほめること、人として化粧品に接することです。
実際はただのものなんですよ。

でもつける前に
「よろしくお願いします」

つけた後は
「ありがとうございます」
と、心の中で思うだけでも笑顔になるでしょう。

これ、一つ注意が必要なんです。
一番注意は化粧品というよりはお金そのものに関して
出てくるでしょうけれど、お金がないとき(たとえば)。

その時、「ありがとう」といったところでお金は変わりません
そしてお金に裏切られたと感じた時、猛烈に怒りがこみ上げます。
しかし、お金はあくまでも「もの」です。

大切なのはどういう時だろうとお金に対して接すること。
それはとどのつまり人間に対してどう接しているのか
いざというとき、どういう対応をとるのか。
そういったいざという場面で人の度量が問われるのです。

ということでお金の例になりましたが、
化粧品だろうがここは同じです。
化粧品があまり効かない時、「裏切られた」と激昂すれば
結果としていざというとき怒りやすく、感情に支配されている。
それが周りにも影響を与える。

いや、周りはそういったところであなたを評価するでしょう。
そしてもう一つ、いくら優しく語ったところでモノはモノ。
状況は変わりません。

しかし、普段からどう接しているかというのは
いざというとき必ず態度に現れます。
よって少しでも美人を目指すなら普段からトレーニングする。
普段=いざ という状態で鍛えていくといいでしょう。

一番いいのは喜びです。喜んでいる時、周りに元気を与えることができます。
すなわち、喜びのエネルギーを回りにも与えるということです。
反対にむすっとしている時はむすっとしているエネルギーを受け取ります。

で、うれしいときというのは二種類のやり方があります。
始めは言葉から「うれしいなあ」とつぶやくこと。
そして少しでもうれしい行動をとることです。
そうすると本当にうれしい行動が病み付きになるでしょう。
ただ、同時にそういうときほど「うれしくない」こともやってきます。

問題はそういう時に意気消沈して沈み込まないことです。
むしろうれしくないことが起きるからこそ、
あなた自身が試されており、
それを乗り越えることでより大きなうれしさを体験します。

でもう一つは形から入ることです
たとえば化粧品なら先に化粧品をつける。
そして化粧品をつけるときに「これすごい」と口に出す。
もちろん実際に成果が表れて感動するといいでしょう。

ということで肌なので一つ例を挙げますか。
乾燥肌ですね。乾燥肌対策に何かクリームを塗ったとします。
最近は乾燥肌には化粧水を使わないで違うのを使ったほうがいい。
という事例もあります。

それはこの際置いとくとして、
乾燥肌対策のためにクリームを塗った。
その時、塗るときに「よろしくお願いします」
と、口に出さなくていいから心の中で思うといいでしょう。

口に出さないので恥ずかしくないはずです。
そして塗った後に「ありがとうございます」。
あくまでもこれをする目的はただ一つ。

うれしい行為を行って自分の内側から
気持ちのいいエネルギーを発信することです。
エネルギーは奪うか出すかの二つです。
出すということは嬉しさを出すこと。

奪うというのは怒りを出すことです。
また、ねちっこくしたりして人の幸せをねたむことです。
人の幸せをねたんだところで結果として
問題なのはすべては自分自身に原因があるということ。

ということで、普段の行動が肝心の時に現れます。
韓国で船が事故を起こした時、いざというときですね。
船長たちから政府の対応が叩かれています。

あれらを通してわかるのは
普段強そうなことや強い対策をとっても
いざというとき、脆弱さが思いっきり出たので
ああ、これが本当の実力なんだなあと痛感したことです。

よって、いざというときあなたの普段の態度が現れるので、
常に化粧を通して心もきれいな美人を目指していきましょう。
心がきれいだからってなんでもかんでもイエスではありません。
否定するときはきっぱり否定して心を鬼にすることも忘れずに。

最後に参考として本を紹介します。
こちらをまずは立ち読みでいいから本屋で読むこと。

著者斎藤一人 カンタン成功法則

買った時はノートに重要なところをどんどん書いて、
書いたことの一つずつを実践していくといいでしょう。

化粧と同じで自分の心の内側に浸透し、
価値観が変わるまでには時間と心の折り合いがかかります。
でもその間に人は成長します。