冷え性に聞くのがあの食べ物だと
実体験を持ってつい最近、実感します。
それはなんだと思います?

 

答えはガムです。
キシリトールガムでございます。
最も甘いガムでもいいかもしれませんが
なるべくなら歯にもいいという意味で
キシリトールガムをおします。

 

 

で、キシリトールガムを一粒、
最低2時間は噛み続けること。
そうすることによって、何度も噛むことから
顎の筋肉を発達させるだけでなく、
よく噛んで食べることが視力回復にとって
大変欠かせないものとなるので
かなり効果があります。

 

で、冷え症を克服するということにおいて、
ガムをひたすら食べ続けて水を飲まない。
ということを繰り返していたら、
手足が異常なまでに温かくなることに気付きました。

 

 

冷え性は内臓の冷えからくるとされます。
そこでガムをひたすら噛みまくることで
内臓の冷えを発生させることなく、
また、何度も噛むことによって水分を蒸発させます。

 

もちろん、この水分とは体内水分量のことです。
そして噛むという行為は面白いことに
体内酵素を活発化させるので、
積極的に細胞が入れ替わるようになります。

なので、ガムをかみ続けると辛いと感じるのは
唇が異常なまでに乾くことです。
なお、ガムはキシリトール配合のものを
選ぶようにしましょう。

 

 

他は糖分が入っているので
虫歯の方を気にしなくてはなりません。
なので、キシリトールのガムを1日1粒、
僕は昼間から夕方までずっと噛んでいます。

 

キシリトールガムは店で買うことができますよ。